後悔しない方法はこれ!誰でもできるシンプルな後悔解消法

37559875 - closeup of a young man in bed looking at the smartphone at night

後悔はきっと誰でも一度は経験したことがあると思います。

人によって後悔することの度合いは違うでしょうが、誰だって後悔しないで済むならそれが一番良いに決まっています。僕もそう思います。

あなたは後悔したときどうやってそれを解消しますか?

もしあなたの中で具体的な解消法が見つからないのであれば、この記事はあなたのための記事です。実は、後悔しないシンプルなある方法があります。

ぜひ最後まで読んで試してもらえればと思います!

SPONSORED LINK

後悔しないシンプルな一つの方法

想像してみてください。あなたはスタバでコーヒーを飲んでいます。

ところが、つい手がすべってコーヒーをこぼしてしまいました。

さて、あなたはこのこぼしたコーヒーを床に這いつくばってまで飲もうとするでしょうか?

、、、

普通しませんよね?

「あぁ、、、こぼしちゃった、、、でも仕方ないか」

と諦めますよね?

これこそが後悔しない方法です。

こぼしてしまったコーヒーのように諦めてしまえばいいだけです。シンプルですよね。

「コーヒーとは違うよ」

そう思うかもしれませんが、結局は同じです。

そうしてしまったものはもうどうしようもないんです。

だったらクヨクヨしていても仕方ありません。さっさと諦めてしまうことです。

なぜなら、いつまでも引きずってしまうとその後悔に縛られて今後さえ潰しかねないことになります、、、

なぜ後悔してしまうのか?

「もしあのときこうしていれば、、、」

何度こう思ったことでしょう。

この「もし」こそ後悔してしまう原因です。人間は今嫌なことが起きると「もし」を使いたくなってしまう生き物です。

これは一種の防衛本能だと思っています。

今の嫌な状況に陥らなかった道を探して、頭の中だけでもその道を歩んだと仮定して傷つくことから自分を守ろうとします。

ところが頭の中と現実は違います。それを感じたとき、強烈なストレスになるわけです。

つまり、悪い今の現実と頭の中の「もし」の理想とのギャップがあなたを苦しめる原因です。

後悔することの副作用

あなたは失恋の経験があるでしょうか?僕はあります。

失恋したとき、それまでの人生で感じたことのないくらいの空虚感を感じました。泣きたくなるほどに。

そのときも僕は後悔していました。

「もしあのときこうしていればもっと良かったんじゃないか?」

もしも、もしかしたら、もし、、、

そう後悔し続けていました。しかしどれだけ後悔したところで、現実にはもう彼女はいません。

もしもの理想と失恋の現実のギャップに苦しみました。そのときはまだ学生だったのですが、しばらくボーっとして授業もまともに聞かず、しばらくの間心にポッカリ穴が開いたようになっていました。

ですが結局、時間が解決してくれました。時が経つにつれて、自然と諦められるようになったんです。

僕の場合は回復することができました。

しかし、世の中を見てみれば、後悔で神経をすり減らし体調を崩してしまう方も多くいます。

後悔して「もしもの世界」を追い続けると余計に現実とのギャップを痛感することになります。それが進行するとどうなるでしょうか?

心も壊し、体も壊し、人生を壊します。

後悔したことを後悔することになる

いつまでも引きずって後悔していると、時間だけがどんどん過ぎていき、気づけば80歳、、、なんてことになる可能性だってありますよね。

80歳になり自分の人生を振り返ったとき、後悔し続けたことを後悔することになるのは、僕でも想像できます。

後悔したことを後悔しても人生はやり直せません。

時間だけは、後悔していようとも楽観的でいようともスピードを変えずただただ過ぎていきます。過ぎてしまった時間はもう取り返せないんです、、、

結論:こぼしたコーヒーは諦める

d556c1b24bd6061436da4c486fb59a26_m

僕の失恋経験は仕方のなかったことです。もちろん反省すべきことはありました。でも、後悔はしていません。

この失恋もこぼしてしまったコーヒーと同じです。

こぼしてしまったのなら、もうどうしようもありません。こぼした後にできることは、反省して次に同じことをしないように努力すること。対策すること。後処理をすること。それだけです。

辛い経験からでも今後のヒントを見つけられたらそれでプラスになります。

時間の流れは何をしていても過ぎ去っていく以上、時間の歩みに合わせて自分も前に進んでいかないと、それこそ後悔することになります。

SPONSORED LINK

終わりに

さっさと諦める、なんて当たり前の話だと思われたかもしれません。そうです、当たり前です。

当たり前ということは結局それが一番効果的ということです。

目をそらして「もしもの世界」に逃げ込むのではなく、今の現実をどうやって前に進めか?それを落ち着いて考えることに集中する。

どうしても落ち着いて考えられないようなら、忙しくしていることです。積極的に忙しく動くのです。悩んでいる暇もないくらいに。

そうすれば自然と心が落ち着き、現実に落ち着いて目を向けられるはずです。

現実に目を向けられるようになれば、諦められるようになります。

後悔することがあったとき、ふとこの記事の内容を思い出してもらえれば、と思います。