転校する時期はいつがベストタイミング?

ab6b08c6ab490e58b4dd7e32666b8fc0_m

転校する時期、というのはとても難しい問題です。

勉強の進み具合・部活動・学校行事やクラスに馴染めるかなど、色々なことを考える必要があります。

ではどのタイミングで転校するのが一番良いのでしょうか?

SPONSORED LINK

転校する時期のベストなタイミング

勉強の進み具合・部活動・学校行事やクラスに馴染めるかなどを考えると、切り替わる時期がベストです。

なので、もっともベストなタイミングは、「進学するタイミング」です。

つまり、幼稚園から小学校に・小学校から中学校に・中学校から高校に進学するタイミングですね。

このタイミングであれば人間関係・部活動・勉強の進み具合など、悩む必要が無くなります。

進学のタイミングだと周りのクラスメイトも人間関係がしっかり固まっていないので、転校生でも人間関係が築きやすいというメリットが大きいです!

中途半端な時期の転校のデメリット

①勉強の進み具合を把握し調整する必要がある

②部活動は大会や試合など時期によっては合わない可能性がある

③人間関係の構築が難しくなる

④時期によっては学校行事への参加ができなくなる

主にこういったデメリットがあると思います。

特に人間関係の構築が難しくなってしまうのが一番良くないですね。

なので、一番は「進学するタイミング」が良いです。

進学のタイミングでの転校が難しい場合は?

とはいえ、どうしても進学のタイミングで転校ができない場合もあると思います。

そういう場合は「進級」のタイミングが良いですね。

それも難しいのであれば、「長期休み明け」のタイミングがおすすめです。

とにかく勉強面や人間関係面での負担を減らせるタイミングにしましょう。

夏休み・冬休み明けも難しいのであれば、もう学期の変わるタイミングしかありませんね。

タイミングがどうしても中途半端になってしまう場合は、「進級」「長期休み明け」「学期変わり」のタイミングでしか難しくなってしまうので、転校先の学校側とよく相談する必要があります。

親御さんは勉強の進み具合・部活の活動状況・学校行事といったことをしっかり把握しておきましょう。

少しでも子供の負担が減るように。

SPONSORED LINK

まとめ

今回は「転校する時期」について絞ったテーマで書いてみました。

私も転校生だったので経験ありますが、できるだけ転校する本人としては不自由が少ない方がありがたいです。

転校の心理的な負担はすごいですよ、今でも忘れません(笑)

それでなくても新しい学校で友達ができるかクラスに馴染めるか不安ですからね。

勉強の進み具合が違ったり、学校行事や部活の大会に参加できないとなるとストレスが加速します(笑)

特に人間関係は「転校する時期」によってかなり左右されるので、親御さんはまず第一にいつどのタイミングに転校すれば子供の為になるかを考えてあげましょう。

転校というのは、親が想像するよりもずっと本人にとって大変なことですから。