横なぶりの雨?横殴りの雨?どちらが正しいか調べてみたら・・・

私は「横殴りの雨が~」と使っていたのですが、どうやら「横なぶりの雨」という言葉があるみたいですね、、、

おそらく意味は同じ、、、とはいえ、本来どちらを使うのが正しいのか気になります。間違えていたら少し恥ずかしいですし。

なので、どちらを使うのが正しいのか調べてみました。同じ疑問を持つ方はぜひごらんください。

SPONSORED LINK

「横殴り」と「横なぶり」の意味って?

dc333fa86aa2dfaa46bfaa509bde83a5_m

「横なぶり」について調べてみると、あることが分かりました。

「横なぶり」ではなく「横降り」が言葉としては正しいのではないかということです。

goo辞書によると、、、

横殴り(よこなぐり)/横降り(よこぶり)

[共通する意味]

横から雨や雪が吹きつけるさま。

[使い方]

〔横殴り〕
▽風が強くて、横殴りの雨になった

〔横降り〕
横降りの雨の中を出掛ける

[使い分け]

風のために、雨や雪が横から強く吹きつけること。「横殴り」の方が、一般的に使われる。

参照:goo辞書

ふむふむ。

横なぶり、と聞くと、横嬲り(嬲りとは、面白半分に苦しめたりもてあそんだりすること)という漢字になるとかなーと思ったんですけど、どうやら「横降り」が変形して「横な降り」になっているみたいですね。

どちらも意味は同じ。

横殴りの方が強くて横降りの方が弱い、といった使い分けもなさそうですね。

SPONSORED LINK

結局「横なぶり」って、何?

3abacf7d0c6a8b74253700bc92fdd8ad_m

じゃあなぜ「横なぶり」なんて言葉があるのか?

これはあくまで推測にすぎませんが、、、

・「横降り」と「横殴り」がごっちゃになって「横なぶり」になった

・横な降り方、という意味で「横な降り」になった

という2つが考えられるのではないでしょうか。

こういった理由があったのであれば、なんとなく話は分かりますね。

結論、「横殴り」を使うべし!

じゃあ、横なぶりが間違っているのかというと、これも難しいところ。

ただ、正しいか間違いかは置いといて、「横殴り」の方が一般的なのは間違いないですね。

少なくとも「横なぶりの雨が~」と言うより、「横殴りの雨が~」と言った方が相手に伝わりやすいと思うので、使うときはぜひ「横殴り」で使ってみてください!